「特定労働者派遣」の特徴について

一般的な登録型の派遣社員と大きく異なる点は、派遣会社の“社員”として、常用雇用される点です。プロジェクトに参加していない期間が発生したとしても、安定的に給与を得られる働き方となります。 派遣会社によって異なりますが、社内での教育制度が充実している、さまざまなメーカーの案件を扱っているなど、各社特徴があります。そのため、派遣先プロジェクトの有無に関わらず雇用契約は結ばれています。 入社後は、その派遣会社が手がけているプロジェクト先(顧客先)へ派遣され、業務を担当することになります。また、どちらかというと、専門性を要する技術系の求人が多いです。 エンジニアとしてのキャリアビジョンによってはメリットのある働き方でもありますので、派遣会社についての情報も収集しながら、応募をご検討いただければと思います。「特定労働者派遣」の場合、人材派遣を手がける企業(派遣会社)の正社員や契約社員として直接雇用されます。

リファレンスチェックとは何?

選考の最終段階で、採用予定者の人物像や前職での仕事ぶりなどを第三者にヒアリングすることとお考えいただければと思います。ただ、お伝えしたとおり、一般的に行なわれているというわけではないようです。 簡単に説明すると「採用時の経歴チェック」です。また、チェックする内容については企業によって異なります。 もし、不明点や気になることがありましたら、直接採用担当者にうかがってみてくださいね。 リファレンスチェックについては、一部の企業で行なわれることがあります。

「日・隔土休み」って、どういう意味?

隔週休2日制(隔土・日)と表記されていることもありますが、この場合も同義ですね。転職活動、頑張ってください! 【 休日の取り方について 】■週休制    …「毎週1回」お休みがある■週休2日制  …「月1回以上週2回のお休みがあり、それ以外は週1回休み」となる(基本的に毎週土日休みだが、第一週目だけ土曜出勤がある etc.)■完全週休2日制…「毎週2回」お休みがある■○週☆休制  …「○週の間に☆日休み」がある■○勤☆休制  …「○日勤務し、☆日休み」を繰り返す■月○日(シフト制)…月の休日数だけが決まっており、具体的な日にちや曜日などは一定の期間ごとに変動する。 「日・隔土休み」というのは、日曜日は毎週お休みで、土曜日が一週間おきのお休みとなるという意味です。 ぜひ、こちらも参考にしていただき、あなたに合った働き方ができる職場かどうか見極めていただけたらと思います。